ビタミン

ビタミンの基礎的な働き

ビタミンは人間の身体が正常に機能するために必要な、
微量の栄養素になります。

人間が生きていくためには、三大栄養素であるたんぱく質、
炭水化物、脂質が絶対に必要です。

これらの栄養素は、体内に入るとエネルギーに代わります。
これを代謝といいます。

ビタミンは、この代謝が円滑に行われることを
補助する役割があります。

代謝は、人間の様々な生理現象に大きく影響を与えます。

そのため、ビタミンが足りないと三大栄養素が正常に動かなくなり、
風邪や貧血、肌荒れ、にきびなど色々な症状を引き起こします。

ひどくなるとビタミン欠乏症を引き起こし、
身体に重大なダメージを与える場合があります。

基本的にビタミンは体内で生成することができないので、
食べ物などで外部から摂る必要があります。

ビタミンをバランス良く働かせるためには、
食材を上手に使って正しく摂ることが大事です。

ビタミンは油に溶ける脂溶性ビタミンと、
水に溶ける水溶性ビタミンの2種類です。

ビタミンA、Eなどの脂溶性ビタミンは、
摂取量が多く使いきらなかった時は、
翌日へ持ち越すことが可能です。

ただ、身体に残ってしまった分が溜まることで、
ビタミン過剰症を引き起こす可能性もあります。

一方ビタミンB群などの水溶性ビタミンは、
水に溶ける性質があるので、吸収できなかった分は体外へ排出されます。

ですから、水溶性ビタミンは必要量を
毎日摂取する必要があるんです。

水溶ビタミンは加熱によって損失してしまう場合があります。
調理方法を工夫して、うまく摂取することが大切です。