ビタミン不足の危険性

ビタミン不足の危険性

ビタミンは人間の身体が正常に機能するためには、
必要不可欠な栄養素になります。

 

しかし、基本的にビタミンは体内で生成することはできないんです。

 

また、水溶性ビタミンの場合、
ビタミンは水に溶けて体外へ排出されてしまうため、
毎日うまくに摂取する必要があります。

 

もしビタミンが不足したら、人間の身体には
どのようなことが変化があるのでしょうか。

 

初期症状としては、全身の倦怠感、食欲不振、
ニキビ、肌荒れ、風邪などです。

 

これは、ビタミンが不足することにより代謝が落ち、
身体が正常に働かないからです。

 

ビタミン不足が進んでしまうと、ビタミン欠乏症にかかります。
その代表的な例が脚気です。

 

脚気の症状は全身の倦怠感から始まって、
手足のむくみ、血圧の低下、心臓の肥大などの可能性があります。

 

原因はビタミンB1の不足によるものです。
また他にも、ビタミンCの欠乏で起こる壊血症などがあります。

 

壊血症は血管や関節が弱くなる病気で、
初期症状として歯ぐきからの出血があります。

 

もし歯磨きでも歯茎から出血する場合は、
ビタミンCかどうかを疑うべきでしょう。

 

ビタミンDの不足は、くる病や骨粗しょう症などの
骨の病気の原因になることが多いです。

 

ビタミンDは皮膚を日光に当てることで作られるので、
食べ物から摂る以外にも有効な方法です。

 

ビタミン不足は初期段階の体調不良で
できるだけ早く対処することが大事です。

 

酷い欠乏症にかかる前に、日常の生活から意識して
上手にビタミンを摂取するように心がけるようにしてください。