風邪とビタミン

風邪とビタミン

ビタミンが不足すると、全身の倦怠感や
食欲不振などが起こります。

 

免疫力が下がり、風邪などの原因となります。

 

ビタミン不足による風邪を防ぐために、
ビタミンはバランス良く摂取する必要があります。

 

良く言われているのは、風邪にはビタミンCが効く
あるいはビタミンCで風邪の予防ができるという話。

 

この説はノーベル賞受賞者であるポーリング博士によって唱えられました。

 

ウィルスを撃退する白血球を活発化させるのに、
ビタミンCを多量に摂ることが有効であるという内容です。

 

確かに、ビタミンCは人間の身体には欠かせない栄養素で、
またビタミンCにはナチュラルキラーとよばれる風邪ウィルスを
撃退する細胞を増やす働きがあります。

 

しかし、ビタミンCは水溶性ビタミンですから身体が摂取しきれない分は
体外に排出されてしまい、大量摂取が必ず有効とも言い難いです。

 

そのため、ビタミンCで風邪の予防ができるという話には
疑わしいという見方も多いのも事実です。

 

一方で、ビタミンAには胃や鼻などの粘膜を健康な状態に
保つ効果があります。

 

この効果は風邪には有効と言えるでしょう。

 

鼻や胃の粘膜が健康であればその分身体の免疫力が増して、
外部からウィルスが侵入するのを防ぐという効果があります。

 

風邪にはビタミンCと考えがちですが、
「ビタミン」と言ってもたくさんの種類があるのです。

 

体の免疫力を高めるには、バランスよく摂取することが大切です。
特にビタミンCとビタミンAを摂るようにしましょう。