健康に効くビタミン

健康に効くビタミン

ビタミンには数多くの種類があり、
その効果もビタミンによって大きく変わってきます。

 

では、人間の身体を健康な状態に保つには、
どのビタミンが有効になるのでしょうか。

 

ビタミンA

 

目の健康を保つ効果があって、
涙の量を調節するなどして目を乾燥から守ります。

 

また鼻などの粘膜を健康に保つ効果があるので、
風邪のウィルス侵入を防ぐ効果もあるでしょう。

 

ビタミンAはレバーやうなぎ、にんじんなどの
緑黄色野菜に多く含まれています。

 

糖質の代謝を促進するビタミンB1は、
全身の疲労回復をして、健康状態を保つのに効果的を発揮します。

 

ビタミンB1

 

豚肉や穀類に多く含まれています。
夏バテに豚肉がすすめられているのはこれが理由です。

 

ビタミンB12

 

赤血球の生成に大きく関わるビタミン。
これが不足すると貧血などの症状が起きてしまいます。

 

ビタミンB12はアサリなどの貝類や牛レバーに多く含まれています。

 

ビタミンB12を吸収するには胃で生成される内因子が必要ですが、
胃が弱っている場合には内因子の分泌量が下がり、
ビタミンB12が上手に摂れなくなってしまうので注意が必要です。

 

ビタミンD

 

歯や骨の成長に欠かせない。
それがビタミンDです。

 

ビタミンDはカルシウムの吸収を補助する効果があり、
不足すると骨粗鬆症などの深刻な状態になることもあるので
十分に注意が必要です。

 

ビタミンDは鮭などの魚類に多く含まれています。

 

これらのビタミンは、どれか一つを多量に摂れば
良いというものではありません。

 

それぞれの効果をよく理解し、
バランス良く上手に摂取するようにしましょう。